癒しのミナモト


※サリー13才

ひとりっこの娘の"相棒"として我が家に来たのが、
スムースダックスフンドのサリーです。
私自身まったくの「犬初心者」で、他の犬種もほとんど知らない状態で、
サリーを見た時に「毛がない(注1)‥飼うの なんとなくラクそう」と、
とんでもなく安易な考えの中、我が家に来る事になったのでした。
(でも、この‥ラクそう‥という甘い考えは、
 仔犬のパワフルさに、後々打ち砕かれるのであります)

家族の中に「幸せ」を運んでくれました。
病気一つせず元気で、飼い主に似て「食欲魔犬」で、
飼い主が言うのもなんですが、とても「頭のイイコ」でした。
 
その子も13才で、虹の橋を渡って行きました。
今は触れて温もりは感じられないけれど、
この笑顔は一生私の「癒しのミナモト」である事は変わらないのです。

(注1)‥毛がないワケではなく、スムースダックスは短いだけです、念のため(^m^)



calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
RIAN*
UNI*
MALYLA*
selected entries
categories
archives
profile
links
recent comment
search this site.
others
QR-CODE
qrcode